POW研究会トップ > ニュース・お知らせ  > ニュース > 2019.12.14 ガース・オコネルさん講演     第2次世界大戦に出征したアボリジナルの兵士たち
ニュース

2019.12.14 ガース・オコネルさん講演     第2次世界大戦に出征したアボリジナルの兵士たち

2020年01月30日

2019年12月14日、POW研究会では、来日中のオーストラリア戦争博物館学芸員のガース・オコネル(Garth O’Connell)さんをお招きして、第2次世界大戦にオーストラリア軍に志願して出征した、アボリジナルの兵士たちについてお話をうかがいました。

オコネルさんは、ご自身もアボリジナルのルーツを持ち、オーストラリア軍に入ってイラクなどに派遣された経験を持っています。現在はオーストラリア戦争博物館の学芸員として、主にアボリジナルの兵士について研究していらっしゃいます。

この講演会は恵比寿の日仏会館の会議室を会場に行われました。POW研究会会員だけでなく、オーストラリア学会などからも参加者があり、大変興味深いお話を聞かせていただきました。詳しくは下記のPDFでご覧ください。

Aboriginalsoldiers inWWII

今後の活動予定は、お知らせをご覧ください。

以前のニュースは、過去のニュースをご覧ください。

2002年からのニュース全てをまとめたものは「POW研究会の歩み」(PDF)をご覧ください

POW研究会関連のメディア掲載情報

▲ページのトップに戻る